在庫や受注に関する機能が充実

ECサイトに出店している人もいるでしょう。それぞれのサイトで在庫が個別になっている場合は注意が必要です。また管理もECショップの数だけ増えてしまいますが管理サービスを使うと快適に作業ができます。在庫管理や受注管理をやりやすくなる機能を知っておくと便利です。

在庫管理は複数のショップをまとめて行える

ネットにはECサイトが複数あります。それぞれ独立して運営をしているので各サイトに出店をするときは個別に管理をする必要があるのがネックです。これにより商品の売り違いが発生するといったデメリットが発生…

すべての店舗の受注情報を自動的に取り込みする機能がある

ネットショップの運営を行う場合、店舗をどこに構えるかということも重要ですが、単一店舗にするのか、それとも複数の店舗を持つのかということも大事ですよね。集客を考えると、一カ所のみに限定せずに色々な場…

複数のショップに商品を一括登録できる

効率よくネットショップを運営するポイントとして、複数の店舗を一元管理できるシステムを活用する店舗は少なくありません。受注、在庫、商品ページを1店舗ずつ管理するよりも、運営に必要な複数の機能を一元管…

分析からメールの自動送信もつく

お店に売上を把握することで今後の戦略を組めるため分析は必要です。また受注や出荷といったメールを送る際も一括管理システムが役立ちます。幅広く使えるネットショップ管理サービスの機能を知ると導入の決定をしやすくなるでしょう。

メール自動配信は個別にも対応している

月の売上や店舗別の売上も様々な角度から分析可能

在庫数に応じた自動発注機能も魅力

何となくの管理が無くなる

ネットショップをするとき、注文が入った商品をすぐに発注できればお客さんからの反応も良くなります。在庫切れがあるとすぐに在庫のある別のショップにお客さんを取られてしまいます。いかに適正な在庫を維持して運営するかを考えなくてはいけません。その時に利用したいのがネットショップ管理システムです。ネットショップを運営したての時、特に管理の必要はないでしょう。それほど売上が発生しないからです。しかし売上がどんどん増えてくると、それに応じた仕入れや在庫管理が必要になります。システムを導入していないと何となくあの商品が売れてそうと勘で仕入れをしたり在庫を持とうとします。管理システムならきちんと分析をしてくれ、適切な在庫量を知らせたり自動発注もしてくれます。

寝ている間も自動的に処理をしてくれる

ネットショップは、基本的には24時間365日営業しています。インターネットは常に利用できるので、ショップのページが見られる状態なら常にお客さんが訪問できる状態です。一応発送などの対応はどうなるなどは書いておく必要はありますが、注文してもらったお客さんへの連絡が何もないのは良くないかもしれません。ネットショップ管理システムを導入すると、メールの自動対応機能が利用できます。寝ている間に注文が入ったとき、注文を受けた旨のメールを自動的に配信します。これによってお客さんもきちんと注文ができたと安心してもらえます。注文時以外にも、出荷の完了のメールなども一定操作を行うと自動的に作成して送信してくれます。自分で文章を書く必要はありません。

ネットショップ一元管理は様々な会社でおこなわれている

ネットショップ一元管理を請け負っている会社はいくつも存在しており、導入に当たって無料の体験期間を設けている会社も多いです。