月の売上や店舗別の売上も様々な角度から分析可能

ネットショップ管理で売れ筋やリピーターを把握できる

利用者にとって、ネットショップは自宅でいつでも気軽に注文できるので便利な存在です。しかし、ネットショップには店側にも多くのメリットがあります。注文を受ける際の情報を自動的に集計して、売れ筋商品や売上の変化を簡単に把握することが可能です。ネットショップでは注文時に送付先や名前など、顧客の様々な情報が送られてきます。送られた情報をデータベースに蓄積し管理しておけば、リピーターの有無を確認することも難しくありません。実店舗の情報と合わせて、店舗別の売上や売れ筋を分析していくことも可能です。管理することで、売上を伸ばすためには何を入荷すべきかを的確に判断できるようになるでしょう。実店舗だけで営業する場合も、オンライン上で管理することによるメリットが沢山あります。

相手のニーズに合わせた広告メールが送信できる

メールを使った新商品の宣伝は、印刷や送料が必要なチラシに比べて手軽です。多くのネットショップでは、一度利用したことのある顧客に対して様々な広告メールを送信しています。しかし、送信する際には相手のニーズに合わせることが重要です。興味のない広告が送られてくることに不快感を示す客もいます。
顧客のニーズを知るためには、それまでの購入履歴やアンケート結果が重要です。アンケート結果等をデータベースに保存して、相手の興味があるメールを自動的に選別して送信することもネットショップ管理をすれば難しくありません。ただし、広告メールの受け取りが可能かどうかも予め確認しておくことも重要です。ネット管理をうまく利用して相手のニーズに合う宣伝ができれば、売上向上にも繋がってくるでしょう。